コツが必要

コツが必要となるパンフレット作成

パンフレット作成においては、ページ数の決定にもコツが必要となります。

パンフレット作成を行う場合においては、最初からページ数を決めてしまった場合などには中々上手くいかない場合があります。予算との兼合いもありますが、ここでは、まず、最初にしっかりと伝えるべき内容となる、コンテンツの整理が大事なこととなります。

コンテンツを整理することによってパンフレットのおおよそのボリュームを知ることができ、作成をする上においても進めやすくなります。次に1ページにあまり詰め込み過ぎないことも大事です。1ページには内容として載せることができるボリュームが決まっており、あまり載せすぎると煩雑化や、相手に内容が伝わらなくなってしまう場合があります。読みにくくなってしまうのも欠点で、印象にも残らなくなってしまいます。まず、おおよその内容を紙に書き出していき、それによってページ数を確定する必要があります。

良いパンフレット作成を行うには構成案にもコツが必要となり、パンフレットの表現内容にも気を使う必要があります。

構成案はパンフレット作成の設計図にあたり、ここではパンフレットの体裁や、順序、またその具体的な内容などのに気を配る必要があります。

それは、対象とするものや使用シーン、また情報伝達の目標や情報量、そして、写真素材の使い方によって違ってきます。構成案がしっかりしていない場合には、専門家に依頼をしたとしても中身の薄い、相手には印象に残らないものになってしまいます。構成案に関しては時間をかけて検討するのが良いパンフレット作成のコツとなります。

構成案ではサイズやページ数、ページ毎に伝えるべき内容やその順番、また、各コンテンツのボリュームやそれを伝える手法などを落とし込む必要があります。写真やイラストの配置にも注意をする必要があり、最終的には全体を通した雰囲気や方向性も確認しなくてはなりません。

身近に活用する小規模のものであればパンフレット作成は自分たちでも行うことができます。
身近に活用をしたり、小さなオフィスなどで用いる小規模の場合には自分たちでもパンフレット作成ができます。パンフレット作成はデザイナーに任せたり専門業者に依頼をする場合もありますが、概ね、素材が揃ってから行う場合がほとんどで、また、デザイナーの仕事は表現方法に主点を置いた仕事を行います。そのような場合には、きれいには仕上がるものの、相手に内容が中々伝わりにくいパンフレットになってしまう場合があります。小規模なパンフレットなどの場合には構成案にしっかりとしたものがあれば、内容の伝わりやすいパンフレットを自分たちでも作成することができます。