格安で行える

格安で行えるパンフレット作成について

パンフレット作成を格安で行うことができるネットプリントに人気が集まっています。デジタル管理された印刷機で安定した品質を実現しつつも、納品が早いことが理由のひとつとなっています。さらにパンフレット作成に必要なデータをネットで入稿し、納品も宅配で行われる手軽さから、これまで近場に印刷会社が無かった地域からでも注文できるようになったわけです。

その格安で提供できる背景にあるのは、これまでの印刷業界では慣例となっていた風習に効率化というメスを入れたことです。欧米では早くから普及していたものですが、特に品質にこだわる日本ではその品質に影響するような効率化はタブーとされる風潮があったわけです。

そもそもパンフレット作成の流れとしては、まず必要な文字やカラー写真のデータを入稿して製版作業することから始まります。カラー写真のデータはRGB出力されたものとなりますが、これをCMYK形式に分解し直す作業を行います。つまり使用するインキの色である藍色と紅色、黄色に墨の4色です。

実はここで、オリジナルのカラーとは雰囲気が変わることにより色調調整が必要となるわけです。そして印刷機にセットするためアルミ板に焼き付けてテスト刷りを行います。そこでレイアウトの確認と色調のチェックを行いますが、クライアントが求める色合いとなっていなければ、製版作業で調整をし直すことになります。

そしてそのデータ補正でなかなか希望する色合いに近づかない場合に、インキ濃度を調整して印刷機のオペレーターが色を合わせていくことになります。ここで時間がかかることにより、納品にも時間がかかるわけです。

ネットプリントの場合には製版作業で調整された色調のままで印刷し、そのまま納品となります。インキ濃度は常に一定に保つことによって印刷効率を高めるとともに、職人を不要として人件費も抑えることにつながるわけです。これが格安でパンフレット作成を行える理由となります。

けれどもこのままでは、多くの需要を集める理由とはならないのですが、そこにはパンフレット作成を必要とする目的へのフォーカスがあります。

つまり、なぜパンフレットが必要になるかと言うと、それは宣伝効果を求めることになるからです。つまりネットプリントでは格安で提供するとともに、その宣伝効果を高めるための支援サービスも行なっているのです。デザインやレイアウトの工夫されたテンプレートの提供も、需要を高める理由となっているのです。