パンフ作成のソフト

パンフレット作成にはどのようなソフトが適しているか

パンフレット作成をするにはどのようなソフトが適しているのでしょうか。
印刷をメインとしたソフトは数多くあります。有名なものでは、Microsoft社のOffice系、Adobe社のIllustrator、InDesignなどがあります。
しかし、考えなしにソフトを購入してもパンフレット作成は成功しません。
まずはどのようなパンフレットを作成するか、ラフコンテを作成することから始めましょう。

ラフコンテはどのような媒体で作っても構いません。紙とペンで書いてもいいですし、パソコンに標準で備え付けられているペイントアプリを利用してもいいでしょう。
まずは頭の中にあるイメージを書き起こすようにします。具体的なイラストや本文を入れる必要はありませんので、パンフレットのページ数などが大まかにわかるように作成します。
自分が作りたいものが徐々に固まってきますので、その上で使うツールを選定してきます。

ラフコンテの中身が、論文のようにメッセージで固まっている、あるいは規則性のあるレイアウトの場合はMicrosoft社のWordでも十分に良い物が作成できるでしょう。
Wordを利用するメリットは入手が容易であり、操作方法やテンプレートの情報が豊富にあることです。
文字印刷に重きを置くものですので、印刷機能も十分と言えます。

もしも、イラストや図が多い、あるいは文字の配置が散らばっているなど、自由なレイアウトを求める場合はMicrosoft社のPublisher、Adobe社のIllustrator、InDesignなどが良いでしょう。
これらのソフトは全てパンフレット作成に最適とも言える機能を備えています。中でも、InDesignは十分すぎるほどの機能を持っています。
パンフレット作成は一回きりで技術を磨く必要がないと言うのであれば、Publisherが良いでしょう。Wordと同じ感覚で利用できるので、初めてでも簡単に操作できます。
パフレット作成を今後も継続していく場合、イラストや図式も自分で制作するのであればIllustratorが良いでしょう。
またパンフレット作成のみならず、DTP制作を専門的に行うのであればInDesignがおすすめです。

もちろん、パンフレット作成において他にも優れたソフトは数多くありますが、ソフト利用時における学習の情報量が多いほうが良いこともあり、これらの中から用途に応じて選択していきましょう。

最新記事

  • 印刷前提のパンフレット作成が完成度に影響しますか? 画面上の表示と印刷のマッチングは、パンフレット作成をする場 …

    印刷前提のパンフレット